現在表示しているページ
群馬 小幡郷ゴルフ倶楽部 TOP > 倶楽部のあゆみ

倶楽部のあゆみ

歴史から知る小幡郷ゴルフ倶楽部

小幡郷ゴルフ倶楽部の開場は平成2年4月27日。
設立前のコース予定地は雑木林だらけ、設立には大変な努力を必要としました。
数年間の準備期間を経て、立地を最大限活かした1ホールごとに違う顔のある、
メリハリのある18ホールが誕生いたしました。

戦略性ある絶景コース

小幡郷ゴルフ倶楽部が位置する小幡は、鎌倉時代から戦国時代にかけて豪族、
小幡氏の拠点として栄えました。
1615年に織田信長の次男、織田信雄が2万石を与えられました。
織田信雄の墓は小幡郷近くにございます。城下町として歴史ある地です。

クラブハウスに飾られた鎧

小幡郷は浅間山や上毛三山と美しい自然に囲まれた美しいコースです。
コースごとに景色が変わり、浅間山、赤城山、妙義山、榛名山、高崎の街など
様々な眺望を楽しむ事が出来ます。
また季節に応じ、春は美しい桜、秋には見事な紅葉をお楽しみ頂けます。
冬には浅間山の雪景色も展望できます。

季節ごとに楽しめる景観

年表

平成2年

小幡郷ゴルフ倶楽部 18ホールでオープン
設立時の名誉会長は中曽根元総理
小幡郷は平成2年、名誉会長は中曽根元総理、
理事長は瀬島龍三氏、堤清二氏など名だたる方
ばかりの名門コースとしてオープンしました。
オープンの記念として中曽根元総理の書が
当倶楽部に贈呈され、今でも大切に飾られています。

中曽根元総理の書

平成4年

第2回寛仁親王杯ゴルフトーナメント開催
第2回寬仁親王杯ゴルフトーナメントが開催。
スポーツ関係にご造詣が深い殿下に相応しくハイレベルなトーナメントとなりました。
桜の木の根元には記念碑が建てられています。

パター練習場にある記念碑

平成14年

LPGA公認コースに認定
当倶楽部は平成14年にLPGA(日本女子プロゴルフ協会)から公式認定コースとして認められました。
LPGA認定コースとは、日本女子プロゴルフ協会がゴルフプレーする施設として一般の方に広く推奨するに相応しいと認証できるゴルフ場を認定するものです。
LPGAから認定されているコースは、全国に2,000以上あるゴルフ場で当コースを含めてわずか22コース。
今後も倶楽部の発展に努めて参ります。

LPGA公認コース

プロトーナメント開催の歴史

平成13年~20年 ベルーナレディースカップ開催
2001年から2008年まで、毎年7月第1週に日本女子プロゴルフ協会公認の女子プロゴルフトーナメントが開催。毎年たくさんの観客の方を魅了するプレーが行われました。

歴代優勝者

  • 第1回:藤井かすみ
  • 第2回:藤野オリエ
  • 第3回:大山志保
  • 第4回:川崎充津子
  • 第5回:藤井かすみ
  • 第6回:横峯さくら
  • 第7回:福嶋晃子
  • 第8回:茂木宏美

2006年開催 プロサイン

2007年開催 プロサイン

2008年開催 プロサイン

女子プロQT開催

関東予選
日本女子プロゴルフ協会が公認するLPGAツアー及びLPGAステップ・アップ・ツアーへの出場ライセンスを取得するためのトーナメント。
小幡郷は関東予選の場としてゴルフ場を提供しています。毎回女子プロのハイレベルな試合が行われています。

プロアマコンペティション

2010年より有名人・女子プロを招いてのプロアマ競技を開催。
程よい緊張感の中、有名人とトッププロが素晴らしいゴルフパフォーマンスを見せてくれます。当日参加の有名人の方から愛用品や、賞品もご提供頂いております。
歌あり、手品ありの華やかなパーティもコンペの魅力です。

レベルの高いゴルフパフォーマンス

祭典の様子